医療脱毛のメリット・デメリット

###Site Name###

クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛は、医療レーザー脱毛とも呼ばれます。

特徴としては、医療機関でのみ扱うことのできるレーザー機器を使用して行うという点があげられます。医療脱毛のメリットは、エステサロンでの脱毛に比べて高い効果が得られることです。
より強い出力のレーザー光を肌に照射することにより、高い脱毛効果を得ることができ、毛の再生率を低く抑えます。


施術回数も少なくて済むので、脱毛の効果を早く出したい方に人気があります。



しかし、医療脱毛にはエステサロンでの脱毛に比べてデメリットもあります。

高い効果が期待できる反面、施術時の痛みが強い、肌トラブルがやや起こりやすい傾向があるという点です。

施術時の痛みについては感じ方はかなり個人差があります。

また、部位によっても異なりますが、照射するレーザー光のパワーが強い分、どうしてもエステサロンでの施術に比べると痛みを感じ方は強くなるようです。


肌トラブルについても同様にレーザー光のパワーによるものです。強いレーザー光は、毛母細胞によりダメージを与えることができる一方で、毛穴や、周囲の皮膚にも刺激が強くなるためです。

こだわりのOKWaveについての情報を簡単に探すことができます。

これも、もともとの体質やその時の体調によって、トラブルになるかどうかは分かりません。

また、万が一トラブルになった際でも医療機関であるため、適切な処置を行うことができます。


医療脱毛を検討される際は、こうしたメリット・デメリット両面についてきちんと理解した上で選ぶことが大切です。

最先端の新宿の医療脱毛の最新情報をお伝えします。